女性が出世するには

社会全体の先入観の変革

女性の出世。だいたいそろそろ女性も出世出来る時代になってきました。しかしまだまだ女性が出世出来ないと言うのならそこに社会のシステムの問題があります。女性がどんなに社会に出ていきたいと思っても社会が寛容で開かれた社会でないことには女性の出る杭はすぐに叩きつぶされてしまうことでしょう。

 

女性はひょっとしたらまだまだ家庭で子育てする存在なのではないでしょうか。そういう社会の認識が女性の進出の妨げになります。男女平等の精神と言うもののまだまだ社会のシステムは男女平等の精神に則っていないとも言えるのでは。一面的見方ですが、女子アナを見ていてそう思う人たちも多い筈です。若くて綺麗な時だけもてはやして、旬を過ぎれば円満退社のようなふりもして、実際に女子アナの発想とは企業にとってのイイトコドリです。これも、社会が、企業がまだまだ女性が社会進出と言ってもその程度のものだという暗黙の了解です。

 

女性が社会進出して行くためには 社会の実際的なシステムと、男性たちの女性を見る先入観の変革がまだまだ要求されます。
実際に女性は、男性よりも優位に立って労働出来る場合もあります。しかし、それを阻止する流れがあることも理解しなければならないです。
女性蔑視回避のためにフェミニズムの精神があります。女性蔑視にも二種類あります。それは、実際に女性が男性よりも劣ると判断した時に起こる女性蔑視と、女性が男性よりも優位に立った時に起こる男性の妬みとしての女性蔑視です。フェミニズムなくして残念ながら女性は社会進出をして蔑視される存在のようです。私達は、フェミニズムの精神持って、この嫌らしい蔑視の精神を排除していかなければならないのです。