主婦のお小遣いの金額

家庭のお金を管理する女性

家庭を守る女性。そして、社会を守る男性。まだまだ女性進出の時代と言っても、この古典的形式を取っている夫婦が多いのです。
男性は社会で労働して、お金を稼ぎます。お金の管理は男性が当然するべき問題なのではないでしょうか。この考えもありかもしれないです。
実際に、もし、男性がお金をしっかり管理しているのなら、男性は使いたい時にお金を使用することが出来ます。お小遣い1日500円と言った厳しい環境からも回避出来ます。男性が稼ぎ、男性がお金を管理する・・・。こちらの方がいわば自然体とも言いたいのです。

 

実際に、今、女性が家庭のお金を管理して、サラリーマンの小遣いはとよくデータ調査の結果が出ているものの、女性の場合はなかなか明らかになっていません。それはいわば、家庭で財布を握る女性の場合、小遣いはほぼ自由だからです。実際に給料に限度額がある訳ですから、自由ではありませんが、サラリーマンの苦難のことを考えれば、使いたいと時にお金を使用することが出来ます。寛容でない男性はこの事態に不服をいい、寛容な男性は、その様子を判っていても黙認しているでしょうか。余計な埃を家庭で立てません。ここで、実際にお金は女性が管理しなければならないものかを考えましょう。男性が管理出来ないでもありません。しかし、今、多くの家庭では女性がお金の管理をします。これは、社会に出ることの出来ない女性の不平等を解消する方法です。社会の男性と、家庭の女性でバランスは維持出来るのです。それは、家庭のことを全面的に女性に任せることによってです。男性がお金を管理することによって、男性は家庭へ進出してしまうことを余儀なくされてしまうのです。