家庭の財布を握る女性

家庭を守る役割

家庭を守る役割が女性です。これが私達の社会の基本です。しかし、諸々の事情があって段々と崩れていくといった感じでしょうか。女性が子供を生み、女性が育児をして、女性が家庭を守り、女性が財布を管理します。そして、男性は社会で肉体労働的狩りです。

 

しかし、段々とこのシステムが崩れようとしています。女性の社会進出です。しかし、女性は社会に出ていくにはまだまだ若干の問題を残しています。それが肉体能力の問題であり、荷物の移動は、男性と同等の労働が出来るはずありません。そして、まだまだ問題があるとすれば、男性の社会進出する女性への蔑視な思いです。男性は内在的にこの男性社会を女性に荒らされてはならないと考えている訳ですし、女性に出しゃばると、肉体能力で女性を叩きつぶしてしまいたい意識にかられるのです。フェミニズムの精神は、肉体能力で女性を叩きつぶしてしまいたい意識から女性を救うシステムなのです。社会がどんどんメンタル的になり女性が同等に労働が出来ると言っても、基本の肉体能力が女性にはありません。

 

女性はまだまだ社会進出というよりは、家庭に籠もる存在であり、その率の方が圧倒的上です。専業主婦は、女性の必然では・・・。家庭の女性。社会の男性、ここでしっかり役割分担をしているから、女性も男性同等強くなれるのです。社会を男性が守る一方で、家庭を厳しく守るのは女性の役目です。女性はしっかりお金の管理をします。男性が家庭の財布の権利を握れるか・・・。実際にそうしていしる家庭もあるようですが、多くの家庭は、労働してお金を稼ぐのは男性なのにも関わらず理不尽にも、女性に家庭の問題としてお金の管理を全部任せてしまう訳です。