専業主婦の悩み

主婦はもともと専業だった

専業主婦・・・という言い方をしますが、もともと主婦は専業主婦なのです。最近になって専業主婦、専業主婦と言われるようになって来たのです。昔の主婦のあり方は、奥様という言い方を見ても判ります。奥に籠もる存在です。そして、育児をして、夫に構える存在でしかなかった訳です。社会を守る存在は男性であり、家庭を守る存在は女性という役割分担です。

 

しかし、だんだんと現状が変わってきてます。昔の主婦も違和感はあったのかもしれません。しかし、潜在意識がそういう主婦の現状が当たり前だと認識させていたのです。主婦は外へ出ていかないという潜在意識です
しかし、今、私達の現代社会は娯楽が増えて、結婚さえも一度しか駄目という認識ではなくなりました。主婦であってももうちょっと遊びたい認識がどんどん育ってくるのです。他の女性がもうそんな感じで遊んでいると潜在意識どこでなくなってしまうのです。潜在意識が解けた時、主婦に遊びたい欲求がわき起こってきます。

 

実際に主婦は家庭で、育児、夫の世話をします。しかし、育児と言っても子供が学校へ行くようになったら解放される時間もあります。夫の世話をすると言っても夫が会社へ行っている間ならフリータイムです。
潜在意識から欲求へと、この意識の変容が主婦に変容をもたらしているのです。主婦の遊びたい。そして、自宅にいてインターネットをすることもできます。インターネットの情報は、自宅から外の世界へ繋がっているのです。自宅という切り離された場所ではなく、自宅も確実に外のリアル社会に繋がっているという認識です。今、主婦が出会い系サイトや、ライブチャットを利用して外の繋がりを積極的に求めているのです。そして、主婦、人妻を求める男性がいます。