男性の育児休暇

女性だけでなく男性も育児休暇

育児休暇も、女性の社会進出の問題を考えるいいいチャンスです。育児休暇を女性に与えることは、企業にとってデメリットなのは間違いありません。いわば、育児休暇とは家庭の事情を社会に持ち込んだようなものではありませんか。企業は、家庭のために給料を提供し家庭に関与するという言い方も出来るかもしれませんが、企業の本音は家庭と無関係です。企業は、労働の対価として給料を渡しているだけです。

 

しかし、段々と本音も通用しない時代にもなって来ようとしています。世の中の流れが企業に無理して、女性をその社会の枠組みにあてはめなさいという発想です。そんなあてはめろと言っても企業はNOと言います。しかし、段々とゆっくりとそういう企業は良くない企業とレッテルを貼り付けようとしているのです。企業は、いわば、女性が企業にとって大事というよりも、イメージを大事にするために、女性を大切に扱い、育児休暇に積極的なふりをしています。実際に、積極的に育児休暇を導入すと言っても、本当に女性たちが積極的に育児休暇を取るようになったら・・・企業のシステムにちょっと無理もあるのではないでしょうか。実際に、完全な育児休暇の世界のためにもっと改善していかなければならない問題があります。まだまだ、育児休暇に積極的という言い方も建前です。積極的にとっていいよと言われていても、女性は取りづらい環境におかれてしまっているのです。育児休暇のために企業は犠牲にしなければならないものがあります。

 

女性のために犠牲にしなければならない事態が、男性に妬みを生みます。やっぱり育児休暇は健康的企業を作っていかないのです。女性を特別扱いにするシステムでなく、そろそろ男卑を是正する意識も企業には必要です。企業は女性同等男性の犠牲にもなる存在なら、もう少し企業は育児休暇に対して健康的に向かっていくのではないでしょうか。育児休暇を認めるか否か、それを採決するのが男性なのです。