レディースデイを実施するお店のメリット

レディースデイを実地する店

男性と女性は、決して平等ではありません。
敢えて言うなら、役割分担で平等です。女性は子供を作る存在であり、男性は労働する存在です。人間のシステムとして男性は子供を作ることが出来ません。子供を作っている女性は、その間労働することは出来ません。実際に、子供を生めない女性も、労働出来ない男性もいて段々と社会のシステムも崩れているものの、基本は子供を生む女性、そして労働する男性という役割の分担です。

 

しかし、社会はやっぱりこういう感じで一筋縄ではいかないです。社会にもどんどん女性が進出する時代です。肉体的に、男性と女性はバランスが崩れていても、メンタルという面で捉えればどうでしょうか・・・。
このメンタルの問題が段々と重要視されているのも現代社会の特徴です。つまり、男性と女性がどんなに肉体的に違っていても、メンタルは同じなのです。だから、社会に女性が進出しても、肉体労働以外は男性女性平等に仕事をこなす筈です。

 

社会に女性が進出して、メンタルの面が平等なら、肉体の面だけサポートすれば、女性は労働しやすい社会を確立出来るということになるかと言えば、まだまだ問題があります。それ以前の問題として、肉体能力の欠落として女性を社会はサポートしていかなければならないのです。
さらに、すでに男性によって社会が作られてしまっていることに注目してください。女性が進出していると言っても、まだまだ社会は男性主導です。女性は社会進出に当たりまだまだ立場の悪い、不安要素を抱えているのです。
今、レディースデイを実地する店が多くあります。女性優遇の意思表示です。女性は社会ではまだまだ優遇されないと思う場所に出ることの出来ない存在です。