育児休暇後の再就職

育児休暇が浸透しなければいけない

育児休暇の 問題点について触れましょう。日本の育児休暇制度はなぜ機能しないかという言葉を聞きます。実際に、日本の育児休暇制度はまだまだ機能してないのです。もし、日本の場合、どんどん、育児休暇が推進されればされる程女性の雇用の妨げ要因となる筈です。何が一体海外事情と違ってしまっているのでしょうか。

 

そうしましょうというシステムの向上は、実際に、そういうシステムになったとしても私達の妬みを生むだけです。妬みだけではありません。実際に、企業にとって、育児休暇は痛手です。そんなに長期的にポジション開けられては、そのポジションに新しい社員を育成しなければならないです。育成出来れば、もう別に育児休暇を取った女性が企業に戻ってこない方が合理的だという発想の方が自然です。

 

実際に、育児休暇に無理があるのです。無理なシステム導入することで、結局男性から妬みも発生します。この妬みの部分が大きく、案外、本当のこと言えば、その育児休暇取った女性のポジションなど、新しい社員を育成しないでも、中にいる社員が強力しあって解決出来る問題かもしれません。しかし、妬みのある社員は決してそれをしようとしないのです。

 

ここに女性の育児休暇に対して妬みがあることも忘れていけないことです。スウェーデンは育児休暇が浸透しているとのことです。スウェーデンが育児休暇に成功した理由は、男性の育児休暇取得率が80%と驚きの数字だと言うことです。つまりフェミニズム、フェミニズムと言うものの、女性を甘やかす精神には男性の内面不服を持っているのです。女性同等に男性の育児休暇を取れるシステムなら。みなさん社員が同等に長期の休日を取ることが出来たら・・・。