レディーファーストという文化

日本でも自然な文化になってきている

レディーファーストと言う言い方ももう私達の日本でも当たり前の意識になってきました。レディーファーストなんて男性と女性が接している時に男性は当然の意識で取り入れることです。
もう日本の意識も欧米並みになったということです。
しかし、何でレディーファーストをしなければならないの?とふとみなさんだって思うのではないでしょうか。レディーファーストって何?結局当たり前の認識として受け止めているものの、まだまだレディーファーストは不可解です。

 

社会に出てきた時、女性は男性より劣っている部分があります。それが、肉体労働であり、肉体労働が社会を作って来た元素です。これが劣っている女性は、蔑視される可能性が大きいのです。レディーファーストで男性よりも女性を優位に立たせている訳ではありません。レディーファーストによって、蔑視される女性を蔑視から守っているのです。
しかし、なぜ、同じ労働を社会でしているというのに女性がレディーファーストで優先されなければならないのか不服に思っている人たちもいるかもしれません。社会とは競争社会であり、勝つことの出来ない者はただ脱落して行けばいい、そして、男性だけが再び社会に残るのならそれはそれで仕方ない問題です。そんな僻み根性を持っているのは日本人ならではの僻み根性です。欧米の人たちはそれ程深く考える訳ではありません。もう既に何も考えないで、レディーファーストを実行しています。

 

ものには順序があります。どちらかが先に行かなければならないのなら、男性よりも女性を優先させる、ただそれだけの精神がレディーファーストです。レディーファーストの精神は、女性にお金を奢る精神でもありませんし。そろそろ日本人でも僻みより自然体で受け止めている男性が多いです。