女性専用のサービスは男性差別?

いきすぎた女性優遇は男性の妬みに

今、フェミニズムフェミニズムと言うものの、いろいろ考えさせられるものがあります。フェミニズムの精神は、フェミニズムによって社会で女性を男性と同レベルまでの持ち上げです。しかし、現代社会で時に、フェミニズムの精神は、女性を本当に優位に立たせてしまっているのではないでしょうか。フェミニズムで、女性が本当に優位に立つなら、フェミニズムは別に何も機能していないのではないでしょうか。男性は女性を嫉妬をするだけで、女性を更に調子をのらせるだけではありませんか。

 

フェミニズムについてもう少し考えましょう。フェミニズムで女性が男性と同レベルになるなら男性は仕方ないと納得出来るのです。しかし、もともと女性が男性よりも優位に立っている場所で、フェミニズムで更に女性を持ち上げて、果たして企業は健康的な状態を維持出来るでしょうか。

 

男性は女性を蔑視します。フェミニズムはそれを保護するために機能するものの、女性が優位に立っているところを、更にフェミニズムで保護してしまうことでまた男性の蔑視が妬みとして誕生します。
今、私達の時代はひょっとしたらフェミニズムと言うよりもそろそろ男性を守っていかなければならない環境もあるのかもしれません。しかし、時代はまだまだフェミニズム、フェミニズムと言い続けているのです。育児休暇の女性特別のことと考えると、女性に必要なものですが、それを認める男性の、企業の精神は微妙です。ここまで企業は女性の為に犠牲になる必要があるのかという思いです。この犠牲がフェミニズムによるものであり、そこまでフェミニズムに従う必要はないという企業があります。もう、育児休暇は、フェミニズムの問題ではありません。育児休暇は男性女性平等の企業の損失であり、それでも検討しなければならない問題と捉えたらいかがでしょうか。